FX初心者でも安全に年利20%を達成する方法!

「FXギャンブルで終わらない長期投資」「初心者でもできるFXスワップ運用」の著者為替バカが、 FX(外国為替証拠金取引)初心者でもリスクを抑えて年利20%を達成する方法をお伝えします!
FXなら年利20%は実はそれほど困難ではありません。
年利20%は長期的に継続できればものすごいことです!

■登録フォーム
お名前
E-mail

臆病でも強い精神が必要

初心者がいきなりレバレッジを掛けた取引をするというのは個人的にはあまりお勧めできません。
実際の取引に手を出す前にバーチャルトレードで散々練習を積んだというのならまだ話はわかりますが、本やネットで少し知識を得たという程度でしたらやっぱりね、はじめはスワップ運用から手を出すのが妥当じゃないかと思うんです。
スワップ運用ならはじめに取引したら後は何も手をつけなくても少しずつではあるものの確実に利益が得られるわけですからね。
やはりお金の取引ですから、初心者のうちは臆病すぎるくらい慎重に行動してちょうどいいくらいだと思うんですよ。
少しずつでも利益が出せるならそれでもいいと思うんです。
そもそも纏まったお金が欲しいという理由でFXに手を出す人はまともに先なんて予想できなくて損失を出してしまうだけだと思うんですよね。
何十年と経験を積んだプロの方でも、やっぱり通貨の相場というのは決まった流れが無いので完璧に読み取れるものでは無く、少なからず損失を出してしまう事もあるんだとか。
問題は、その損失が出ている取引にどれだけ早く見切りを付けられるか、FX用語で言うとどれだけ素早く損切りができるかという事。
ここでも重要なのがやっぱり“臆病さ”ですよ。
ちょっとでも損が出たらすぐに切り捨てて次の取引に着手できるぐらいの臆病さと立ち直りの早さがなければレバレッジを掛けた取引はできません。
大きな取引をしようと思うなら、まずは精神面を鍛える事です。

FX税

FXの所得区分は「雑所得」となり、税金が発生します。
そのため利益が一定の額を超えたら確定申告しなければ申告漏れ、もしくは脱税と見なされてしまいます。
そうならないためにも申告は絶対なんですけども、FXの税金には二種類あるらしいんですよね。

取引所取引の場合は申告分離課税。店頭取引の場合は総合課税となるんだそうです。
...それにしてもややこしいし書いてる本人も正直よくわかっておりません。
私の場合、税金って普段の買い物ででるような小銭でも払える消費税くらいしか縁のないもんですからね...。

とりあえず調べてみました。

・取引所取引とはくりっく365と大証FXを使った取引で一律20%の申告分離課税が課せられる。
・店頭取引とは取引所取引以外での取引でOTC取引ともいう。
他の収入と合算して累進課税される。
税率は15~50%で、FX収入が多ければ多いほど税率も上昇する。

やっぱさっぱりわかりませんね...。
税金については場所によって書かれている内容がばらばらでどれを信用すればいいのかもわからないし、とりあえず今回はいろんなところで同じように書かれていたこの2種類の税金を自分なりにまとめてみたつもりなんですけど...。
わかんないですよね?書いてる本人わかってないんですから...。
国の決まりもころころと変動していくみたいですしね。
書いといてなんなんですけど、税務署に確認するのが一番手っ取り早いのではないかと...。

FX企業の対応

みなさんお久しぶりです。ここのところあまり更新をしていませんでしたが、それは仕事が忙しくて・・・というと言い訳になりますね。久々に更新したのは、今回の地震があったからです。被災地におられたみなさま、被災者のみなさまを心より応援しております。このようなインターネットの片隅にあるブログなど読めない人がほとんどでしょうが、それでも読んでくださった方に伝えたいのは、今たくさんの人々が、国が、企業がみなさんを助けるために駆け回っているということです。ある人は物資を、ある団体は労働力を、ある企業はお金を、みなさんのために大急ぎでそちらに運んでいます。どうか諦めないで、もう少しがんばってください。やはりいくつかのFX関連の企業が今回の地震の被災者のみなさんに対して、出来うる限りの措置をとってくれています。用意された電話番号にかけることで、詳細な状況を教えてもらえたり、例外的な電話注文を受け付けてもらえたりします。また、早期に出金作業が必要な場合にも、電話一本で利用中の口座から出金できる、としているFX企業もあるようです。あまりに大きな被害を受けて、FXのことなんて考えていられない・・・という人がほとんどかと思います。しかし、いま命が助かったのであれば、先のことも見越して行動することにも大きな意義があります。お金というのは、生きていれば人生に欠かせない大事なものです。少しでも落ち着いたら、まずは自分のポジションのことも思い出してみてください。いくら自然災害のせいだといっても、大変なことになってからでは誰もあなたを助けられる人はいません。

外国為替証拠金取引の用語

FXで為替取引をやる上で多くの用語がでてきます。それらはカタカナであったりアルファベットであったりとっつきにくい印象を与えます。今日はファンダメンタルズ分析とJASDAQについて少しだけお話します。

まずファンダメンタルズ分析ですが、これだけで意味が理解できる人はほとんどいないと思います。実はとっても簡単なんですが、ファンダメンタルズという言葉が難しくさせてしまっているのですね。外国為替証拠金取引においてファンダメンタルズ分析とはチャートのようなものから為替の予測を立てるのではなく、その通貨の国の経済状況などから為替の動きを分析することを言います。簡単ですね。用は取引している通貨の国の経済がどのような状態か見ることによって、その先の推移を予想することです。このような分析は外国為替証拠金取引以外にも多く用いられていますね。

JASDAQはご存知の方も多いと思います。JASDAQとは金融商品取引所のことです。ジャスダックとカタカナで言えば聞いたことがある人がほとんどだと思います。JASDAQに上場する企業はベンチャー企業が多いようです。最近ではマザーズなども有名ですね。なぜ新興企業がJASDAQなのかといえば、JASDAQへの上場基準が甘めに設定されているそうです。新興企業に投資してハイリスクハイリターンを狙っている投資家もいるそうです。

外国為替証拠金取引、通称FXの用語は多くあります。少しずつでもいいので覚えていきましょう。

外国為替証拠金取引の用語~スワップ

外国為替証拠金取引ではスワップポイント(FXスワップ金利などとも言います。)というものが発生します。スワップポイントとは、FX取引の際の両通貨の金利差から発生するポイントです。
スワップ派としてトレードする投資家もいるほどお得に受け取ることも可能ですが、逆に支払う必要性も出るのがスワップポイントなのです。

もちろん通貨は皆さんがご存知のとおり、その国その国の政策によって金利が違っていますね。ということは・・・取引通貨が低金利通貨と高金利通貨という金利差が大きなものほど、発生するスワップポイントも大きくなります。

例えば日本の金利が1パーセントだとしましょう。
購入する外貨の発行国の金利が5パーセントの場合、両国の金利差は4パーセントとなりますね。
その4パーセントがスワップポイントとして手元に入ってくることになるんです。
ただ、ここで注意しなければならないのが、レバレッジに関して。
例えば両国の金利差が先程言ったように4パーセントとしましょう。
その時、レバレッジを5倍にして外貨を購入したとします。
そんな時は、スワップポイトは預けた保証金に対して20パーセントになってきます。

上記で述べたのは、低金利通貨で高金利通貨を買った場合。
では、その逆に高金利通貨で低金利通貨を買うと、発生したスワップポイントはどうなるのか・・・これが最初に述べたスワップポイントを支払う必要性です。
なので、FX取引を売りポジションから始める場合はスワップポイントやレバレッジに関して細心の注意が必要となります。

スワップ金利は毎日受け取れます。もちろん、逆に毎日支払うことにもなるかもしれません。。。。

一時期は株初心者のサイトがあふれかえっていましたが、現在はFXの初心者サイトをよくみかけますよね。それだけFXに興味のある人が多いことがうかがえます。

FX・外国為替保証金取引の用語~スプレッド

FX為替を始めるときに知っておきたいこと、レバレッジの次はスプレッドのことです。

例えば、買値を105.50円とするものがあり、それに対して売値が105.52円となっているとしましょう。
すると、それらの間には0.02円(2銭)の価格差が生じていることになりますね。
この場合、スプレッドは2銭であると表すことができます。
この差額すなわちスプレッドが小さい場合は投資家にとっては有利だといえるでしょう。
ちなみに、買値のことを「ビッドレート」、売値のことを「オファーレート」と呼びます。

現在はスプレッドは平均して2銭程度となっていますが、数10年前にまで遡ると、銀行間市場のスプレッドは約10銭もあったといいます。。
市場規模が拡大したことにより、市場の流動性が高くなれば、スプレッドは少なくなるということです。

外国為替証拠金取引では、銀行同士がする取引とほぼ同じスプレッドで取引することができます。この取引は証拠金を担保として預けるので信用はいりません。支払ができなくなる可能性が低いからです。

このスプレッドにも注意点があります。
スプレッドは取扱会社によって異なるものであり、また手数料の高い安いとは比例も反比例もしていません。
手数料が安い取引会社を選んでも肝心のスプレッドが大きいということも珍しくないので、口座開設の際にはこれについても忘れず確認が必要です。
スプレッドの差は軽視できませんよ!FX会社では取引手数料を無料としているところもたくさんありますけど、その代わりの収益をスプレッドを大きくすることで得ているところもありますからね。
ただ、最近はこのスプレッド幅も手数料と同じように縮小さる傾向にあるようです。
各会社で競うように縮小されているので、今が口座開設の狙い目かもしれませんね。

次はfxのスワップについての解説ですよ

実際に外国為替証拠金取引を初めてみよう

さて、実際に口座を開設してFXをはじめて始めることになると思いますが、FXの為替取引というのはどういう仕組みでしょうか。

FXの取引は証拠金取引という名前にポイントがあります。
証拠金とはいわば担保です。
簡単にいうと、担保の分に限りその値動き間での自由取引が可能・・・というのがFX取引です。
それが、FXを証拠金取引と呼ばれる理由であり、原理となっています。

例をあげてみると、たとえば1ドル100円のレートのときに1万ドル買いたいなら、100万円の日本円が必要ですよね?ですが証拠金取引なら、例えば1万円からでも買うことが出来るようになっているのです。
とはいえ、何の制限もなくそんな都合の良い取引が可能になっているわけではありません。
これを可能としているのが、レバレッジと呼ばれるシステムです。
名前だけは聞いたことがあると思いますが、このレバレッジについてみていきたいと思います。
レバレッジは証拠金に対する可能取引額を示す倍数です。
先ほどの例でいうと、1万円で100ドルを買う取引の場合はレバレッジを100倍にして取引をしていることになりますね?レバレッジが10倍なら10万必要ですし、400倍なら2500円で良いということがいえますね。

つまり、このレバレッジが高いほど少ない資金で取引が行えるということです。

FX入門者が感違いしやすいのがこの点にあります。
少ないお金で手軽にやりとりしてるように感じられますけれど、実際内部では実に1万ドルもの大きなお金が動いています。レバレッジの便利さに浮かれるあまり、その事実を忘れてしまわないよう注意が必要です。

FX為替口座開設の注意点

FX為替講座開設に関して、もうひとつ紹介しておきたい点があります。
それはFX為替口座を開設するとき、リスク管理として複数の会社の口座を開設することをお勧めします。

とくに一つの会社だけにこだわることもありません。というか一つのことだけに依存するのはあまりよくないのですね。
もし不測の事態が起きたとき、一つの口座だけ開設してあるときよりも、複数の口座をもっていたほうがリスク管理が出来ると思いませんか?
いずれ説明するロスカットだけがリスク管理ではないのです。
そして特徴の異なる口座を複数もつことによって、取引になれて来た時自分の投資スタイルが把握できるという面もあります。

基本的にFX為替口座の開設は無料ですので、いくつかつくってみるのが良いと思います。FXの初心者が入門の場合は複数のFX業者をつかってみることで、自分にあったFX為替会社というのも分かってくると思いますしね。

もしFX為替口座を何個かの会社でなやんでいるなら、複数つくってしまうのが良いと思います。実際の操作画面や、チャートをみて自分の好みやスタイルを決めてみるのもよいのではないでしょうか。

ただ、FX口座開設には審査があります。FX入門したばかりの初めての人なら審査に通るかどうかに不安に感じると思います。
この審査ですが、審査の通らない人というのは会社の審査基準によって違いますが、無職、未成年者、学生、低収入、資産がない、固定電話のない場合は口座開設は難しい場合があります。
取引会社によっては、重要視する審査項目として資金についてやこれまでの投資経験というのを設けているところがあります。とはいえ、記入する投資家の自己申告を元に審査しているので、確実な確認を行っていないあたり厳しいというわけではないようですね。

オススメFX為替講座開設 その2

もうひとつオススメするFX口座は「外為どっどコム」です。

こちらもFX初心者に親切なFX口座をつくれる外国為替入門的な会社になっています。
まずヴァーチャルFXでは、仮想とはいえ実際のFX取引を体験でき、しかもゲーム感覚で楽しんで経験を積むことができます。
また、実際のものさながらの取引デモ画面を利用すれば、練習としても有効でしょう。
1000通貨単位からの小口な取り引きが可能で、災害やセキュリティなどの対策も十分にとられているのです。

万が一にこの会社が破たんしたとしても、預けた全資金が保全されているのがうれしいところ。またFX初心者から上級者まで、ニーズにあったセミナーも開催していて、不明な点も解決することでしょう。もちろん取引システムや問い合わせにも丁寧な対応をしてくれるので初心者にはうれしい会社ですよね。
チャートの種類が豊富なのも魅力で、FX初心者からFX上級者までに指示されています。携帯アプリも充実していて、外出先でもFX為替投資が出来るようになっているのもうれしいポイントです。

ちなみに、FX業界において外為どっとコムは非常に重要な位置にいるのをご存知でしょうか。
口座数、預かり資産ともに、他のFX会社に比べて圧倒的に多く、ここ数年の記録では連続してナンバーワンに君臨しているほど。
そのため、他社や業界に対する影響力も非常に強くなっているのです。

ただ残念な点は手数料が高めというところと取引通貨の少ないところですかね。でもそれに見合うだけのサービスのあるFX会社だと思います。サポート体制も充実してますし。

まだまだ他に良いFX業者があると思いますが、自分の知っているところで外国為替の初心者にお勧めの会社をを紹介しました。

オススメFX口座開設 その1

私がオススメする初心者向けのFX為替口座開設先は「ひまわり証券」です。

ひまわり証券を初心者のFXにオススメする理由は、非常に使いやすい画面だというところ。
取引を行う管理画面は、チャートが見にくかったりどこをどう扱えば取引が出来るのか?というのはFX初心者には分かりにくいものです。
実際私が始めたときも、どうしたらよいんだろうなんて1日くらい悩んだのですよ。その間に大事なチャンスを逃したなんてことが何度もありました・・・。今考えてももったいないことしたなぁって悔やむくらいですよ。

だから実際に取引を行う管理画面というのは大事。
そういった点でもひまわり証券は管理画面がわかりやすいのでFXの為替取引初心者に向いています。

またひまわり証券は外国為替証拠金取引のパイオニア的存在でもありあす。外国為替証拠金取引(FX)業界でも老舗にあたります。

何度も為替取引を行い中級者になったときでも、デイトレードの口座開設が手数料は無料といった利点もあります。
デイトレードだけでなく、スワップ狙いの為替口座もあります。
そしてFX初心者に嬉しいのが、初心者向けのセミナーも開催していてそのセミナーの評判が良いらしいですよね。Fx初心者で不安だからとセミナーに参加してみたいのであればひまわり証券をオススメします。

デイトレードとかスワップとかいうFX用語がでてきましたが、のちのち説明していきたいのでもう少しお待ちください。
次も初心者向けのFX為替口座のオススメを紹介したいと思います。

経済